CPU – デスクトップパソコンの選び方

CPU の選び方

CPU は、様々な処理を行う PC パーツで、パソコンの頭脳的存在です。CPU だけでは決まりませんが、処理速度は CPU の性能の高さでほぼ決まるため、処理速度の速さを重視するなら、CPU の性能を重視して選ぶ必要があります。

まだ CPU の性能が低かった頃は、どんな使用用途でも、できるだけ性能が高い CPU を選ぶのが望ましかったですが、今では技術進歩により CPU の性能が随分と底上げされています。

そのため、日常利用やビジネス用途等であれば、低性能 CPU でも十分快適に使えます。動画編集や画像編集、PC ゲームのプレイ等では、高性能 CPU が望ましいですが、中性能 CPU でも十分です。

予算に余裕があるなら、高性能 CPU を選ぶのがおすすめですが、予算を抑えて購入したい場合は、用途に見合った性能を持つ CPU を選ぶと良いです。

CPU メーカーの選び方

CPU は、インテル社と AMD 社が大きなシェアを獲得しており、どちらかのメーカーの CPU を選ぶ事になります。しかし、ノートパソコンほどではありませんが、デスクトップパソコンでもインテル社のシェアが大きく、実質インテル社一択の状況です。

シェアは小さいですが、AMD 社の CPU が劣っている訳ではありませんので、気に入ったデスクトップパソコンに AMD 社の CPU が搭載されていても、選んで問題ありません。

日本国内のデスクトップパソコンの大半は、インテル社の CPU が搭載されているため、以降はインテル社の CPU に限定して記載します。

CPU ブランドの選び方

CPU を選ぶ際は、まずブランドを確認します。ブランド名から、CPU の特徴がわかります。

インテル社の CPU では、大まかに以下のブランド名で分ける事ができます。

Core i7 Extreme
最高性能 CPU。予算関係なく、とにかく性能を重視する方に向いています。
Core i7
高性能 CPU。性能を重視するなら、選択の目安となります。
Core i5
中性能 CPU。性能と価格のバランスを取りたい方に向いています。
Core i3
低性能 CPU。ある程度の性能の高さがあれば良しとし、価格の安さを重視する方に向いています。
Pentium
低性能 CPU。性能が低くても良いので、価格の安さを重視する方に向いています。
Celeron
低性能 CPU。最低限の性能があれば良く、とにかく価格の安さを重視する方に向いています。
Atom
低性能 CPU。発熱量と消費電力量を極力抑えるために作られた CPU です。

主流は、Core i7、Core i5、Core i3 で、これらの中から選ぶのが基本です。

Core i7 Extreme は、非常に性能が高いですが価格も非常に高いですので、予算関係なく最高性能を求める方に向いている CPU です。

Pentium や Celeron は、性能は低くても良いので、価格の安さを大きく重視する方に向いている CPU です。

Atom は、性能は低いですが、発熱量と消費電力量の低さに優れた CPU で、省電力な小型デスクトップパソコンによく搭載されています。発熱量と消費電力量を抑えるために性能が犠牲になっていますので、性能の高さを重視する方には向いていません。

CPU 製品の選び方

CPU のブランドを確認したら、プロセッサー・ナンバーを見て、どの CPU 製品なのか確認します。同じブランドでも、プロセッサー・ナンバーによって性能が異なりますので、性能にこだわって選ぶならプロセッサー・ナンバーの確認が必要です。

特に気をつけたいのは、デスクトップパソコン向けの CPU 製品なのか、ノートパソコン向けの CPU 製品なのかです。性能にこだわらなければ、ノートパソコン向けの CPU 製品でも問題ありませんが、ノートパソコン向けの CPU 製品は低発熱、低消費電力を重視して作られており、同じブランドで比較すると、デスクトップパソコン向けの CPU 製品よりも性能が低いです。

主にコンパクト型や一体型のデスクトップパソコンに、ノートパソコン向け CPU 製品が搭載されているのが見られ、元々このようなデスクトップパソコンの型は高い性能を求める方には向いていませんが、高性能を求めるならノートパソコン向け CPU は避ける必要があります。

プロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、数字とアルファベットが組み合わさっています。基本的に数字が高いほど性能が高いです。ただし、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。

アルファベットは、CPU の特徴を示します。例外的にアルファベットが付かない CPU 製品も存在します。

プロセッサー・ナンバーは、常に同じ付き方になっておらず、CPU が刷新されると変わる場合がありますので、変わった場合は旧 CPU と新 CPU はプロセッサー・ナンバーで比較できなくなります。

また、CPU ブランドが異なると、基本的にプロセッサー・ナンバーの付き方も異なりますので、違う CPU ブランド同士ではプロセッサー・ナンバーで比較できません。

Core i7 Extreme、i7、i5、i3 のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「i7,i5,i3」+「-」+「4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「i7,i5,i3」はブランドを示し、「-」は単なる区切り文字です。

「4桁の数字」は、1桁目が世代を示し、新しいほど世代ナンバーが大きいです。ただし、1世代の時は、2世代以降を想定していなかったせいか、世代ナンバーは無くて「3桁の数字」となっています。

世代ナンバーの後ろの3桁は SKU ナンバーで、どの製品かを示します。基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、デスクトップパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

X
究極の性能を持ち、Core i7 Extreme に付く。
K
アンロック対応(倍率固定解除)CPU。
S
低消費電力 CPU。
T
低消費電力 CPU。(Sよりも低消費電力。)
R
ハイパフォーマンス・グラフィックスを内蔵している CPU。(BGA1364 パッケージで提供)

基本的にアルファベットが付いてない CPU 製品は、通常のデスクトップパソコン向け CPU です。

性能を重視するなら、アルファベットが付いていない、もしくは X や K が付いている CPU 製品が選択の目安です。

S や T が付く CPU 製品は、低消費電力実現のため性能が犠牲になっているため、性能重視の方には向きません。

R が付く CPU 製品は、マザーボードに実装された状態で販売され、完成品として販売されているデスクトップパソコンでは、あまり見られません。

上記以外のアルファベットが付いている場合は、ノートパソコン向け CPU である可能性が高いです。ノートパソコン向け CPU に付くアルファベットについては、CPU – ノートパソコンの選び方に記載しています。

Pentium、Celeron のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、デスクトップパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

G
デスクトップパソコン向け CPU。
J
デスクトップパソコン向け CPU。Atom のマイクロアーキテクチャを採用している。

基本的に G が付いている CPU 製品が選択の目安です。

J が付いている CPU 製品は、Atom の性能強化版のようなものであり、元々は発熱量と消費電力量を極力抑えるために作られた CPU 製品ですので、性能が低いです。

昔、Atom を搭載したデスクトップパソコンが販売され、ネットトップと呼ばれて結構ヒットしましたが、当時の Atom の性能は日常利用に限っても性能不足を実感するほどで、Atom ではマイナスな印象を持たれるため、Pentium、または Celeron というブランド名にしたと考えられます。

J が付いている CPU 製品は、主にコンパクト型デスクトップパソコンに搭載されているのが見られ、元々は高い性能を求める方には不向きのデスクトップパソコンの型ですが、選ぶなら性能は低めである事を認識しておく必要があります。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、デスクトップパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

T
低消費電力 CPU。

T が付く CPU 製品は、低消費電力実現のため性能が犠牲になっていますが、Pentium、Celeron は元々性能が低いため、性能について気にする必要性は低いです。

プリフィックスとサフィックスにおいて、上記以外のアルファベットが付いている場合は、ノートパソコン向け CPU である可能性が高いです。ノートパソコン向け CPU に付くアルファベットについては、CPU – ノートパソコンの選び方に記載しています。

Atom のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、デスクトップパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

D
ネットトップ向けプロセッサー。

D が付いた CPU 製品は、過去にヒットしたネットトップと呼ばれるデスクトップパソコンに搭載されていましたが、新しい CPU 製品では使われていません。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表しますが、今のところデスクトップパソコン向け CPU では付きません。

プリフィックスとサフィックスにおいて、上記以外のアルファベットが付いている場合は、ノートパソコン向け CPU である可能性が高いです。ノートパソコン向け CPU に付くアルファベットについては、CPU – ノートパソコンの選び方に記載しています。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/25

336 x 280

PAGE TOP ↑