ストレージ – デスクトップパソコンの選び方

ストレージの選び方

ストレージは、データを保存しておくために使用する PC パーツです。多くのデータを保存できるようストレージの容量は大きい方が良いですが、ストレージの低価格化と大容量化が進み、大容量データを大量に保存する使い方でもしない限り、ストレージの容量が足りなくなる事はありません。

ストレージには HDD と SSD がありますが、特に HDD は容量あたりの価格が安いため、格安デスクトップパソコンでも 500GB 以上はあります。

SSD だと容量あたりの価格が高くなるため、予算を抑えて購入しようとすると容量が小さくはなりますが、それでも十分な容量があります。

そのため、容量を気にするよりはデータの読み書き速度を重視するのがおすすめです。何らかの処理を行う際は、主に CPU とメインメモリー間でデータをやり取りしますが、処理内容によってはメインメモリーとストレージ間でデータのやり取りが多く発生し、処理速度を向上させるためにはストレージのデータ読み書き速度の速さも重要になってきます。

長年ストレージに使われてきた HDD は、これ以上のデータ読み書き速度の向上が難しく、ボトルネックになってましたが、HDD よりもデータ転送速度が速い SSD が登場し、高性能デスクトップパソコンには SSD が搭載されているモデルが多いです。

HDD もデータ転送速度が十分速いですが、SSD はさらに速いため、もし性能を重視するなら、SSD が搭載されているデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

ストレージの種類の選び方

ストレージには HDD と SSD がありますが、それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

HDD のメリット
・容量あたりの価格が安いため、大容量でも安価
HDD のデメリット
・機械的な部品があるため、データの読み書き速度が遅い
・複雑な構造のため、衝撃に弱い
・機械的な部品の動作により、動作音が大きい
・消費電力が高い

SSD のメリット
・機械的な部品がないため、データの読み書き速度が速い
・シンプルな構造のため、衝撃に強い
・機械的な部品がないため、動作音が小さい
・消費電力が低い
SSD のデメリット
・容量あたりの価格が高いため、大容量だと高価

HDD は SSD と比べると、どうしてもデメリットが目立ちますが、実用上はデメリットを気にせず問題なく使えます。HDD は容量あたりの価格が安いため、予算を抑えて大容量ストレージ搭載デスクトップパソコンが欲しい方におすすめですが、そうでなければ SSD 搭載デスクトップパソコンがおすすめです。

ストレージ2台以上搭載可能なデスクトップパソコンであれば、大容量 HDD と小容量 SSD の両者搭載も選択肢に入ります。このようなハイブリッド構成では、読み書き頻度が高いデータは SSD を利用し、それ以外のデータは HDD を利用する事で、SSD のデータ読み書き速度の速さのメリットを享受し、容量不足を HDD でカバーする事ができます。

SSD のみよりは劣りますが、ストレージの容量が少なくなる事無く、予算を抑えて SSD による処理速度向上を実現させたい場合は、HDD と SSD の両者が搭載されているデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

ストレージ容量の選び方

人によって必要なストレージ容量は異なるため、どのくらいの容量を選べば良いのか決めるのは難しいですが、以下のような目安で選択すると良いです。

約100GB
使用用途次第では十分な容量ですが、少ない容量です。容量不足となる可能性が高いですので、できるだけ避けたいです。
約250GB
標準的な容量です。日常利用やビジネス用途に使うなら、最低限欲しい容量です。
約500GB
日常利用やビジネス用途に使うなら、使い切るのは難しいほどの容量です。動画編集等、容量が大きいファイルを大量に扱う用途に使うなら、最低限欲しい容量です。

ストレージの種類は HDD にするのであれば、HDD は容量あたりの価格が安いため、どのデスクトップパソコンも 500GB 以上はあります。

SSD だと容量あたりの価格が高いですが、250GB 以上は欲しいです。もし予算が厳しくなるようであれば、SSD 128GB + HDD 500GB というようなハイブリッド構成のデスクトップパソコンを選べば予算を抑えられます。

接続方式の選び方

ストレージはマザーボードに接続されますが、この接続方式によってデータ転送速度が決まります。ストレージの読み書き速度を活かせないほどデータ転送速度が遅くては、処理速度が向上しませんので、特にデータ読み書き速度が速い SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶ際は、接続方式にもこだわって選ぶのがおすすめです。

各接続方式には、ANSI 規格名が付けられており、主に以下の ANSI 規格名があります。

Serial ATA 1.5 Gbps
今では古い規格となり、新しいデスクトップパソコンでは見られません。
Serial ATA 3.0 Gbps
HDD にとって十分なデータ転送速度がある接続方式です。
Serial ATA 6.0 Gbps
SSD にとって十分なデータ転送速度がある接続方式です。

ストレージが HDD の場合は、Serial ATA 3.0 Gbps で十分ですが、SSD の場合は Serial ATA 6.0 Gbps が望ましいです。Serial ATA 3.0 Gbps でも SSD のデータ読み書き速度の速さを活かせますが、Serial ATA 6.0 Gbps だとさらに活かせますので、少しでも性能を重視して SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶなら、接続方式は Serial ATA 6.0 Gbps であるのが望ましいです。

また、ANSI 規格名は名称が長いせいか、以下の呼び方が仕様等で使われていますので、ANSI 規格名以外の呼び方も把握しておく必要があります。

Serial ATA 1.5 Gbps
Serial ATA、S-ATA
Serial ATA 3.0 Gbps
Serial ATA II、S-ATA2
Serial ATA 6.0 Gbps
Serial ATA III、S-ATA3

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/25

336 x 280

PAGE TOP ↑