バッテリー – ノートパソコンの選び方

バッテリーの選び方

ノートパソコンには、バッテリーが搭載されているため、電源コンセントが無い環境でも使用できます。ただし、ノートパソコンによってバッテリー駆動時間が異なりますので、外出先等で長時間バッテリー動作させる必要がある場合は、バッテリー駆動時間が長いノートパソコンを選ぶ必要があります。

バッテリー駆動時間の選び方

バッテリー駆動時間に注目して選ぶ際は、仕様等に記載されているバッテリー駆動時間は、実用上のバッテリー駆動時間とは異なる事に注意が必要です。

その理由は、仕様上のバッテリー駆動時間は、公平に比較できるように、あらかじめ決められた方法で測定された結果であり、実用的な使い方とは、かけ離れているからです。

さらに、測定方法は複数あり、測定方法によって実用上のバッテリー駆動時間との差が異なるため、測定方法の違いを考慮して、仕様上のバッテリー駆動時間を比較する必要があります。

バッテリー駆動時間測定方法

以下は、主なバッテリー駆動時間測定方法です。

JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 1.0)
日本国内で採用されている測定方法です。実用上のバッテリー駆動時間は、約 50% が目安です。
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0)
日本国内で採用されている測定方法です。Ver.1.0 よりも実用上に近くなるよう改良されています。実用上のバッテリー駆動時間は、約 60% ~ 70% が目安です。
MobileMark
日本国外で採用されている測定方法です。実用上のバッテリー駆動時間は、約 60% ~ 70% が目安です。

日本国内メーカーやパソコンショップのノートパソコンであれば、JEITA バッテリ動作時間測定法が採用されていますので、バージョンの違いに注意して比較します。

海外メーカーのノートパソコンであれば、MobileMark が採用されている事が多いです。日本国内のノートパソコンと比較する場合は、実用上のバッテリー駆動時間の目安が大体同じになる JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0)の方と比較するのが基本です。

各測定方法の実用上バッテリー駆動時間の目安は、ノートパソコンの仕様や使い方の違いによって多少異なってきます。目安よりも長くなる場合もあれば、短くなる場合もありますので、必要なバッテリー駆動時間より長くなるよう余裕を持たせて選ぶ方が良いです。

336 x 280


公開日:

336 x 280

PAGE TOP ↑