CPU – ノートパソコンの選び方

CPU の選び方

CPU はパソコンの頭脳的存在であり、CPU の性能の高さによって、処理速度が決まってきます。CPU 以外の PC パーツも処理速度を左右しますが、最も重要なのは CPU です。

ただし、できるだけ CPU の性能が高い方が良い訳ではありません。CPU の技術進歩は速く、ネットサーフィン等の日常利用に限るなら、低性能 CPU で十分快適に使えます。高性能 CPU の方が処理速度が速くなるため、より快適にはなりますが、日常利用の範囲に限るなら大差は出ませんので、予算に余裕があったら高性能 CPU を選ぶと良いです。

動画編集や画像編集、ゲームプレイ等、高性能 CPU が必要となる使用用途では、しっかりと高性能 CPU 搭載ノートパソコンを選ぶ必要があります。動画編集や画像編集では、低性能 CPU でも処理時間が延びるだけなので、我慢すれば問題ありませんが、ゲームプレイでは CPU の性能が足りないと正常にプレイできなくなる恐れがあります。

低性能 CPU でも快適にプレイできるゲームタイトルがあるため、一概には当てはまりませんが、特に高い負荷がかかるゲームタイトルを快適にプレイしたいなら、高性能 CPU 搭載ノートパソコンを選んだ方が良いです。

CPU メーカーの選び方

CPU のメーカーは、インテル社と AMD 社が代表的です。一時期は、両社の CPU がよく見られましたが、今ではノートパソコンに搭載される CPU のメーカーは、インテル社が大きなシェアを占めています。

小さいシェアですが、特に AMD 社の CPU が劣っている訳ではなく、使用しても不都合はありませんので、気に入ったノートパソコンに搭載されている CPU のメーカーが AMD 社であっても、選んで問題ないです。

日本国内で販売されているノートパソコンの大半が、インテル社の CPU を搭載しているため、以降はインテル社の CPU に絞って記載します。

CPU ブランドの選び方

ノートパソコンに搭載されている CPU に注目して選ぶ際は、どの CPU ブランドが搭載されているのか確認して選びます。CPU ブランドから、CPU の特徴がわかりますので、特に性能を重視する方は、CPU ブランドの確認は必須です。

インテル社の CPU では、大まかに以下のブランド名で分ける事ができます。

Core i7 Extreme
最高性能 CPU。予算関係なく、とにかく性能を重視する方に向いています。
Core i7
高性能 CPU。性能を重視するなら、選択の目安となります。
Core i5
中性能 CPU。性能と価格のバランスを取りたい方に向いています。
Core i3
低性能 CPU。ある程度の性能の高さがあれば良しとし、価格の安さを重視する方に向いています。
Pentium
低性能 CPU。性能が低くても良いので、価格の安さを重視する方に向いています。
Celeron
低性能 CPU。最低限の性能があれば良く、とにかく価格の安さを重視する方に向いています。
Atom
低性能 CPU。発熱量と消費電力量を極力抑えるために作られた CPU です。

Corei7、Corei5、Corei3 を搭載するノートパソコンが多い事もあり、これら3つのブランドの中から選ぶのが基本です。

Core i7 Extreme は、最高性能を求める方に向いており、発熱量が大きい Core i7 Extreme を搭載するノートパソコンは、内部スペースが広くて冷却性能に優れた大型ノートパソコンに限られます。性能だけでなく、価格も最高クラスですので、予算度外視で性能を重視して選ぶ方に向いています。

Pentium や Celeron は安価なため、格安ノートパソコンに搭載されているのがよく見られます。Core i3 も十分安価ですので、予算に余裕があれば Core i3 の方がおすすめです。

Atom は、発熱量と消費電力量が小さい CPU が必須となるノートパソコンやタブレット PC に搭載されているのがよく見られ、モバイル用途に適したノートパソコンを選ぶ際に、選択候補に入ってくる CPU です。モバイルでの利便性を重視してノートパソコンを選びたい方に向いており、性能の高さを重視する方には向いていません。

CPU 製品の選び方

CPU の各ブランドには複数の CPU 製品があります。同じブランドでも、製品によって性能が異なります。

デスクトップパソコン向けと比べると、ノートパソコン向けの CPU 製品は多いため複雑になりますが、性能を重視して選ぶなら、CPU ブランドだけでなく、CPU 製品にもこだわって選ぶ必要があります。

どの CPU 製品なのか判断するためには、プロセッサー・ナンバーを見ます。プロセッサー・ナンバーから、性能の高さ、CPU の特徴がわかりますが、CPU 製品の具体的な仕様まではわかりません。

ノートパソコンの仕様には、搭載 CPU のブランド名やプロセッサー・ナンバーだけでなく、搭載 CPU の主要な仕様まで記載されている事が多いですが、記載されていない場合や、さらに詳しく知りたい場合は、CPU メーカー公式サイトで確認する必要があります。

プロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、数字とアルファベットが組み合わさっています。基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。あくまで目安です。

アルファベットは、CPU の特徴を示します。様々な CPU の特徴を示すアルファベットが存在します。ただし、例外的にアルファベットが付かない CPU 製品も存在します。

CPU は刷新されると、プロセッサー・ナンバーの付き方も刷新される場合がある事に注意が必要です。新 CPU では、旧 CPU と比べると付く数字が小さくなったり、桁数が変わったりする事があります。また、新 CPU と旧 CPU では、同じアルファベットが付いていても、そのアルファベットが示す CPU の特徴が異なる事があります。

また、CPU ブランドが異なると、基本的にプロセッサー・ナンバーの付き方が異なります。さらに、同じ CPU ブランドでも、シリーズが異なると、プロセッサー・ナンバーの付き方が異なる場合があります。

CPU は刷新されると、新しいブランド名の新しいシリーズで発売されるか、同じブランドの新しいシリーズで発売されるかですが、同じシリーズであれば、プロセッサー・ナンバーの付き方は同じです。

Core i7 Extreme、i7、i5、i3 のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「i7,i5,i3」+「-」+「4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「i7,i5,i3」はブランドを示し、「-」は単なる区切り文字です。

「4桁の数字」は、1桁目が世代を示し、新しいほど世代ナンバーが大きいです。ただし、1世代の時は、2世代以降を想定していなかったせいか、世代ナンバーは無くて「3桁の数字」となっています。

世代ナンバーの後ろの3桁は SKU ナンバーで、どの製品かを示します。基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

M
ノートパソコン向けの CPU。
X
究極の性能を持ち、Core i7 Extreme に付く。
Q
クアッドコアを搭載している CPU。
H
ハイパフォーマンス・グラフィックスを内蔵している CPU。
L
低消費電力 CPU。
U
超低消費電力 CPU。
Y
極低消費電力 CPU。

M は特に重要ではありません。ノートパソコン向けなのに M が付いていない CPU 製品もあります。

性能を重視するなら、X や Q、H が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンが選択の目安となります。

L や U、Y は、消費電力を抑えて発熱量を小さくした CPU 製品に付きます。発熱量が小さい必要がある小型ノートパソコンやバッテリー駆動時間の長さを重視したノートパソコンに搭載されているのが、よく見られます。モバイル用途に適しているか重視するなら、L や U、Y が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンが選択の目安となります。

消費電力を抑えるために性能が犠牲になっていますので、モバイル用途に適している必要はなく、性能を重視するなら、L や U、Y が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンは避ける必要があります。

Pentium、Celeron のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

N
ノートパソコン向けの CPU。Atom のマイクロアーキテクチャを採用している。
B
ノートパソコン向けの CPU。マイクロアーキテクチャ Sandy Bridge を採用している。

Atom のマイクロアーキテクチャを採用している CPU 製品のブランド名は、基本的に Atom となりますが、ノートパソコン向けに性能強化した CPU 製品のブランド名は、Pentium、または Celeron となります。

元々、Atom の中でノートパソコン向けの CPU 製品には、「アルファベット(プリフィックス)」に N が付いており、この CPU 製品を搭載したノートパソコンはネットブックと呼ばれ、大きくヒットしました。

その後、ネットブックは廃れていきましたが、当時のネットブックが搭載していた Atom は性能が低く、Atom を搭載したノートパソコンは性能が低いという先入観を持たれるため、Pentium、または Celeron というブランド名にしたと考えられます。

N が付いている CPU 製品は、ノートパソコン向けに性能が強化されていると言っても、Atom と同様に発熱量と消費電力量を極力抑えるために作られた CPU 製品となりますので、モバイル用途に適しているか重視するなら、N が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンが選択の目安となります。

B に関してですが、今では Sandy Bridge は古いマイクロアーキテクチャとなったため、新しいノートパソコンでは B が付く CPU を搭載しているモデルは見られません。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

M
ノートパソコン向けの CPU。
U
超低消費電力 CPU。
Y
極低消費電力 CPU。

各アルファベットは、Core i7 Extreme、i7、i5、i3 でも使われており、見方は同じです。Pentium や Celeron は、性能ではなく安さを重視した低性能 CPU ですので、優れた性能を示すアルファベットは付きません。

Atom のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

N
ネットブック向けの CPU。
Z
モバイル・インターネット端末(MID)向けの CPU。

N が付いた CPU 製品は、過去にヒットしたネットブックと呼ばれるノートパソコンに搭載されていましたが、新しい CPU 製品では使われていません。

Z は、モバイル・インターネット端末(MID)向けの CPU 製品に付きます。主にタブレット PC に搭載されますが、タブレット PC としても使えるノートパソコンに搭載されているのも見られます。モバイル用途に適しているか重視するなら、Z が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンが選択の目安となります。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

D
Z3700 シリーズで使われます。「アルファベット(プリフィックス)」+「4桁の数字」が同じ CPU 製品で比較した場合、D が付いている CPU 製品は、D が付いていない CPU 製品の下位に位置する事を示します。

D が付いている CPU 製品は、メインメモリーに関わる性能が劣っていますので、少しでも性能が高い方が良いなら、D が付いている CPU 製品を搭載するノートパソコンは避ける必要があります。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑