液晶ディスプレイ – ノートパソコンの選び方

液晶ディスプレイの選び方

ノートパソコンには、液晶ディスプレイが搭載されています。ただ画面に表示されれば良いのであれば、液晶ディスプレイにこだわって選ぶ必要はありません。

液晶ディスプレイは、目に入ってくる情報を表示するものであり、液晶ディスプレイの仕様によって使用感が異なりますので、できれば液晶ディスプレイにもこだわって選ぶのがおすすめです。

特に長時間の作業で使う方は、目の疲労感にも関わってきますので、自分の用途に合った液晶ディスプレイ搭載ノートパソコンを選ぶ方が良いです。

光沢性の選び方

液晶ディスプレイの液晶には、光沢液晶と非光沢液晶があります。光沢液晶はグレア液晶、非光沢液晶はノングレア液晶とも言います。この液晶の光沢性の違いによって見え方が異なりますので、使用用途に合わせて選ぶ方が良いです。

光沢液晶のメリット
発色が良く、コントラスト比が高いため、画面が綺麗に見える。
光沢液晶のデメリット
明るい環境だと、鏡のように映りこみしやすいため、見づらくなる。

非光沢液晶のメリット
明るい環境でも、映りこみしにくいため、見やすい。
非光沢液晶のデメリット
発色の良さとコントラスト比が控えめで、画面が地味に見える

どちらが良いかは人それぞれですが、外光や照明が多くて明るい環境で使用するなら、映りこみを抑えるために非光沢液晶の方が良いです。屋外で使用する場合も、非光沢液晶の方が良いです。

上記に当てはまらない環境で使用するなら、光沢液晶も選択候補に入ってきますが、主に資料作成や動画、画像編集等、画面に集中して目が疲れやすい作業に使用するなら、非光沢液晶の方が良いです。暗い環境でなければ映りこみを完全に抑えるのは難しく、映りこみは目の疲労の要因になるからです。

主に画像や映像コンテンツの視聴に使用するなら、光沢液晶の方が良いですが、暗いシーンだと映りこみが気になってきますので、非光沢液晶の方が良いとも言えます。

ノートパソコンには光沢液晶が多いため、液晶ディスプレイ以外の仕様も含めて考えると、非光沢液晶の方が良くても、妥協して光沢液晶を選ぶ方が良い場合もありますが、特に映りこみしやすい環境で使用するなら、非光沢液晶を強くおすすめします。

駆動方式の選び方

液晶ディスプレイには、主に以下のような駆動方式があります。

  • TN(Twisted Nematic)方式
  • VA(Virtical Alignment)方式
  • IPS(In Place Switching)方式

各駆動方式の長所と短所は異なりますが、おすすめなのは IPS 方式です。IPS 方式は、視野角の広さに優れ、画質の高さにも優れています。VA 方式も視野角の広さと画質の高さに優れていますので、おすすめです。

TN 方式は、製造コストが低いため、格安ノートパソコンでよく見られますが、視野角の広さや画質の高さが劣りますので、液晶ディスプレイにこだわって選ぶなら、避けた方が良いです。

タッチパネルの選び方

液晶ディスプレイがタッチパネルであれば、指先やスタイラスペンでタッチ操作が可能となります。

タッチ操作できると便利ですが、ノートパソコンでは、タッチ操作を必ず必要としなければ、タッチパネルを選ばなくても問題ありません。

パソコンでは、タッチ操作の方がしやすいソフトウェアが増えてきましたが、キーボードやマウス操作の方がしやすいソフトウェアが主流ですので、タッチ操作の出番は少ないです。

そもそも、ノートパソコンはタッチ操作に適していませんので、タッチ操作の方がしやすい場面では、タッチ操作の方が良いとは限りません。タッチ操作は、手元に持って使うスマートフォンやタブレットに適した操作方法であり、ノートパソコンだと腕を上げてタッチ操作する事になり、腕が疲れやすいです。

解像度の選び方

解像度が高いと、主に以下のようなメリットがあります。

  • 同時に画面内に表示できる情報量が増える
  • 高精細で綺麗に見える

まだ解像度が十分高くなかった頃は、表示可能な情報量を増やすために、できるだけ解像度が高い方が良かったですが、今では解像度が十分底上げされ、どのモデルも十分高いです。

フル HD 1920×1080 程度もあれば十分で、これ以上高くなると、文字等の表示サイズを調整して大きくする必要があるくらいです。

だからと言って、さらに高い解像度を選ぶメリットが無い訳ではありません。画像や映像が高精細に綺麗に見えるようになります。テキスト主体であれば綺麗に見えなくても良いと言えますが、解像度が高いと、くっきりと綺麗に見えるようになり、目に優しいです。

解像度が高いほどコストがかかるため、ノートパソコン本体の価格が高くなる傾向がありますが、予算に余裕があれば、1920×1080 よりも高い解像度を選ぶのがおすすめです。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑