外部インターフェース – ノートパソコンの選び方

外部インターフェースの選び方

外部インターフェースは、周辺機器との接続に使用する端子です。ノートパソコンに周辺機器を接続する事で、機能の追加や使い方の幅を広げる事ができます。

ノートパソコンは、デスクトップパソコンと比べると小型のため、外部インターフェースは少ないです。特に、モバイル用途に適した薄型で軽量なノートパソコンは少ないです。

それでも最低限必要な外部インターフェースがありますし、変換アダプタや変換ケーブルを使えば、ノートパソコン自体には無い外部インターフェースを追加できますので、外部インターフェースにこだわって選ぶ必要性は低いです。

ただし、あらかじめ必要な外部インターフェースがノートパソコンに搭載されている事を望むのであれば、外部インターフェースにこだわって選ぶ必要があります。

USB 端子の選び方

USB は、様々な周辺機器との接続に使われ、どのノートパソコンにも搭載されている外部インターフェースです。

USB 端子数

たいていのノートパソコンには、複数の USB 端子が搭載されていますが、サイズが小さいほど USB 端子数が少ないです。

USB 端子数が多いほど、一度に多数の周辺機器が接続できるため便利ですが、USB 端子を使わずに無線 LAN や Bluetooth で周辺機器と接続する方法がありますし、 USB ハブで USB 端子数を増やす手もあります。

そのため、USB 端子数にこだわって選ぶ必要性は低いです。

USB 規格

USB には複数の規格が存在し、規格によってデータ転送速度が異なります。以下は、主な USB 規格です。

USB2.0
データ転送速度 480Mbbp
USB3.0
データ転送速度 5Gbbs

USB の規格は互換性を維持しているため、規格が異なっていても接続して使用できます。例えば、ノートパソコン側が USB3.0、周辺機器側が USB2.0 であっても、接続して使用可能です。ただし、データ転送速度は古い規格の方になりますので、この場合は USB2.0 のデータ転送速度となります。

データ転送速度が速い USB3.0 である事が望ましいですが、USB2.0 も十分速いです。USB3.0 が普及してきているため、USB2.0 のみのノートパソコンはあまり見られなくなりましたが、USB2.0 のみでも十分快適に使っていけます。

USB3.0 だとさらに快適に使えますので、特に USB 端子を経由して大容量ファイルを頻繁にやり取りするなら、USB3.0 があるノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

映像出力端子の選び方

映像出力端子は、外部液晶ディスプレイやプロジェクター等へ映像を出力するために使われる外部インターフェースです。人によっては使う事がない外部インターフェースですが、どのノートパソコンにも搭載されています。

以下は、ノートパソコンに搭載される主な映像出力端子です。

D-sub 15pin 出力端子
映像データのみを出力可能で、アナログ接続のため画質の劣化があります。アナログ RGB 出力端子、または VGA 出力端子とも呼ばれます。昔からよく使われてきた映像出力端子ですが、ノートパソコンの薄型化で不利になるため、新しい HDMI 出力端子が普及しています。
HDMI 出力端子
映像データと音声データを出力可能で、デジタル接続のため画質の劣化がありません。ノートパソコンの薄型化で有利になるため、特に薄型ノートパソコンで普及が進んでいます。
DisplayPort 出力端子
映像データと音声データを出力可能で、デジタル接続のため画質の劣化がありません。HDMI 出力端子より後に登場したため、あまり普及していませんが、DisplayPort はパソコン向けに開発されたインターフェース規格のため、徐々に普及してきています。(HDMI は、元々 AV 機器向けに開発されたインターフェース規格です。)

普及してきた HDMI 出力端子を搭載するノートパソコンを選ぶのが目安です。DisplayPort は HDMI よりも後に登場したインターフェース規格のため普及が遅れていますが、DisplayPort 出力端子搭載ノートパソコンも選択の目安です。画質にこだわらなければ D-sub 15pin 出力端子でも問題ありません。

音声入力端子、音声出力端子の選び方

音声入力端子は、マイクや外部 AV 機器等から音声を入力するために使われる外部インターフェースです。音声出力端子は、イヤホンやヘッドフォン、外部 AV 機器等へ音声を出力するために使われる外部インターフェースです。

人によっては使う事がない外部インターフェースですが、どのノートパソコンにも搭載されています。

以下は、ノートパソコンに搭載される主な音声入力端子です。

マイク入力端子
マイクとの接続に使用します。
ライン入力端子
オーディオ・プレーヤー等との接続に使用します。マイク入力端子との違いは、信号レベル(音量)を増幅させるかどうかで、マイク入力端子では増幅させますが、ライン入力端子では増幅させません。

以下は、ノートパソコンに搭載される主な音声出力端子です。

ヘッドフォン出力端子
イヤホンやヘッドフォンとの接続に使用します。
ライン出力端子
スピーカーやオーディオ・プレーヤー等との接続に使用します。ヘッドフォン出力端子との違いは、信号レベル(音量)を調節して出力できるかどうかで、ヘッドフォン出力端子では信号レベルを調節して出力できますが、ライン出力端子では調節して出力できず、一定の信号レベルでの出力となります。

以下は、音声入力と音声出力ができる端子です。

ヘッドセット端子
ヘッドセットとの接続に使用します。

基本的にマイク入力端子とヘッドフォン出力端子があれば十分です。スピーカーやオーディオ・プレーヤー、ヘッドセット等も接続して使用する場合は、ライン入力端子やライン出力端子、ヘッドセット端子もある方が良いですが、これらの端子を追加できる周辺機器(USB 接続)がありますので、無理に必要な端子がそろっているノートパソコンを選ぶ必要はありません。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑