グラフィックス – ノートパソコンの選び方

グラフィックスの選び方

ノートパソコンには、様々な処理を行う CPU がありますが、グラフィックス関連の処理は GPU が行います。高いグラフィックス性能が必要な場合は、高性能 GPU を搭載するノートパソコンを選ぶ必要があります。

日常利用やビジネス用途では高いグラフィックス性能は必要ありませんが、高負荷の PC ゲームのプレイや、高度な動画編集、画像編集では高いグラフィックス性能が必要になってきます。

GPU は、大まかに以下のように分けられます。

CPU 統合 GPU
CPU に統合されている GPU です。専用 GPU よりグラフィックス性能が劣ります。
専用 GPU
マザーボードに実装されている GPU です。CPU 統合 GPU よりもグラフィックス性能が高いです。

昔は CPU に GPU は統合されていませんでしたが、今の CPU は GPU を統合しているのが標準的です。そのため、どのノートパソコンも CPU 統合 GPU が搭載されています。

専用 GPU は、グラフィックス性能を重視したノートパソコンに搭載されています。CPU 統合 GPU も搭載されていますが、基本的に専用 GPU の方を使い、設定によって CPU 統合 GPU へ切り替える事ができます。

高いグラフィックス性能が必要でなければ、CPU 統合 GPU のグラフィックス性能で十分ですので、専用 GPU 非搭載で問題ありません。高いグラフィックス性能が必要であれば、専用 GPU 搭載ノートパソコンを選ぶ必要があります。

CPU 統合 GPU の選び方

CPU 統合 GPU を搭載するノートパソコンは、グラフィックス関連の仕様に GPU の製品名が記載されています。インテル社の CPU 統合 GPU であれば、インテル HD グラフィックスが有名です。

CPU と同じように CPU 統合 GPU にもナンバーが付いており、ナンバーが大きい方がグラフィックス性能が高いです。ナンバーが付いていない CPU 統合 GPU もありますが、ナンバーが付いている CPU 統合 GPU の方がグラフィックス性能が高いです。

基本的に、性能が高い CPU ほど、グラフィックス性能が高い GPU を統合しているため、グラフィックス性能を重視するなら高性能 CPU 搭載ノートパソコンを選ぶ必要があります。

しかし、CPU 統合 GPU は、高いグラフィックス性能を必要としない用途に向いた GPU という位置付けのため、CPU 統合 GPU の違いでグラフィックス性能に大きな差は出ません。

グラフィックス性能の高さを気にするくらいなら、専用 GPU 搭載ノートパソコンを選ぶ方が良いです。

専用 GPU の選び方

専用 GPU メーカーの選び方

専用 GPU のメーカーは、NVIDIA 社と AMD 社が代表的です。CPU では、AMD 社はインテル社と比べるとシェアが低いですが、専用 GPU でも同様にシェアが低く、NVIDIA 社が大きなシェアを占めており、専用 GPU を搭載するノートパソコンでは、たいていのモデルが NVIDIA 社の GPU を搭載しています。

シェアが低いですが、特に AMD 社の GPU が劣っている訳ではありませんので、気に入ったノートパソコンに搭載されている専用 CPU のメーカーが AMD 社であっても、選んで問題ないです。

ただし、使用予定のソフトウェアが一方のメーカーの専用 GPU を推奨しているのであれば、そのメーカーを選んだ方が良いです。例えば、PC ゲームの動作環境で一方のメーカーを推奨しているのであれば、そのメーカーの専用 GPU 搭載ノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

専用 GPU 製品の選び方

各メーカーの専用 GPU には、様々な GPU 製品があります。GPU 製品によってグラフィックス性能が異なりますので、用途に合わせて選ぶ必要があります。

以下は、各メーカーの専用 GPU 一覧です。

NVIDIA 社
ハイエンド
・GeForce GTX 880M
・GeForce GTX 870M
ミドルレンジ
・GeForce GTX 860M
・GeForce GTX 850M
・GeForce 840M
ローエンド
・GeForce 830M
・GeForce 820M

AMD 社
ハイエンド
・RADEON R9 M290X
ミドルレンジ
・RADEON R7 M265
ローエンド
・RADEON R5 M230

製品名には、数字とアルファベットが使われていますが、基本的に数字が高い方が性能が高いです。

PC ゲームのプレイに使うなら、ミドルレンジの GPU 製品が選択の目安ですが、特に高負荷の PC ゲームのプレイに使うなら、ハイエンドの GPU 製品を選ぶのがおすすめです。

動画編集や画像編集に使うなら、ミドルレンジの GPU 製品が選択の目安です。予算に余裕があるなら、ハイエンドの GPU 製品を選ぶのもありですが、動画編集や画像編集では GPU のグラフィックス性能よりも CPU の性能の方が重要ですので、CPU の方に優先して予算をまわす方が良いです。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑