キーボード – ノートパソコンの選び方

キーボードの選び方

ノートパソコンには、キーボードが搭載されています。単にキー入力操作ができれば良いのであれば、キーボードにこだわって選ぶ必要はありません。

キーボードの仕様によって、キー入力のしやすさが異なってきますので、特にビジネス用途等、長時間に渡り頻繁なキー入力操作が発生する使い方をするのであれば、キーボードにこだわって選ぶのがおすすめです。

設計の選び方

キーボードには、アイソレーション設計と、そうではない設計があります。アイソレーションではない設計は、特に明確な呼び方がありませんが、ここでは通常設計とします。

アイソレーション設計は、キーと隣のキーの間隔が離れているのが特徴です。通常設計では、離れていません。このような違いから、アイソレーション設計には以下のようなメリットがあります。

アイソレーション設計のメリット

  • キーと隣のキーの間隔が離れているため、誤って隣のキーも押してしまう事が起きにくい
  • 各キーの周囲は枠で囲まれており、キーと枠の隙間は狭いため、キーの下にゴミが入りにくい。

デメリットは、隣接するキー同士の間隔が離れているため、人によっては打ちにくいと感じる事です。例えば、隣接するキーを一つの指で同時押ししたり、隣のキーに指を滑らすように入力をする人は、打ちにくいと感じる可能性が高くなります。

また、キーの中心部分ではなく、端の方を押して入力する癖がある場合、アイソレーション設計よりも通常設計の方が入力しやすいため、アイソレーション設計だと打ちにくいと感じる可能性が高くなります。

キーを打ちやすいかどうかは、主観が入りますし、設計だけでなくキーピッチやキーストローク、キーが沈むために必要な力の大きさ、入力を受け付けるキーの沈む深さ、キーにかかる力の方向によって異なる沈み方等によって、打ちやすいかどうか決まってきますので、一概にどちらの設計が良いかは言えません。

ノートパソコンのキーボードに限らず、デスクトップパソコン用のキーボードもアイソレーション設計が主流になってきており、別のキーボードを利用する機会が生じる場合、アイソレーション設計のキーボードである可能性が高いため、どうしても通常設計である必要が無ければ、慣れるためにもアイソレーション設計を選ぶ方が良いです。

テンキーの選び方

ノートパソコンのキーボードにテンキーがあるかどうかは、モデルによって異なります。

外付けのテンキーボードがあるため、無理にテンキーがあるモデルを選ぶ必要はありませんが、テンキーを使用する頻度が高いなら、テンキーがあった方が良いです。

ただし、キーボード面積が狭い小型ノートパソコンでは、テンキーがあるとテンキー以外の面積が余計に狭くなり、打ちにくいと感じる可能性が高くなります。

キーピッチ(キーの中心から隣接するキーの中心までの距離)も見て、テンキー標準付きを取るかキーピッチの広さを取るか、よく検討して選ぶ必要がありますが、どちらかと言うとキーピッチの広さを優先するのがおすすめです。

キーピッチの選び方

キーピッチは、キーボードの打ちやすさを大きく左右します。たいていのキーボードのキーピッチは 15mm ~ 19mm の範囲内に収まり、丁度良いと感じるキーピッチは人それぞれですが、大まかに以下のように分けられます。

19mm
十分な広さで、誰しもが打ちやすい。ノートパソコンのキーボードに限らず、外付けのキーボードも含めて主流。
17mm ~ 18mm
やや狭さを感じるようになってきますが、十分打ちやすい。手が小さい人だと 19mm よりも打ちやすいと感じるほど。打ちやすさも確保するなら、この程度は欲しい。
15mm ~ 16mm
狭さを感じ、打ちにくい。持ち運びしやすい小型ノートパソコンに見られますが、打ちやすさを確保したいなら避けたい。

19mm もあれば、まず安心です。17mm ~ 18mm でも問題あるほど狭いとは言えず、人によっては 19mm よりも打ちやすいと感じるほどです。

16mm 以下になってくると狭くて打ちにくいものですので、打ちやすさを重視して選ぶなら避けた方が良いです。

キーストロークの選び方

キーストロークも、キーボードの打ちやすさを大きく左右します。ノートパソコンでは、薄さを実現するために、外付けのキーボードと比べると浅めであり、たいてい 1mm ~ 2mm の範囲内に収まります。

2mm ~ 4mm
しっかりと押した感触を得られ打ちやすいですが、外付けのキーボードで見られ、ノートパソコンでは滅多に見られません。
2mm
ノートパソコン、外付けのキーボード含めて見れば標準的な深さで、打ちやすいです。キーストロークを十分確保したノートパソコンに見られます。
1.5mm ~ 2mm
十分な深さがあり、打ちやすさが確保されています。キーストロークの深さを確保したノートパソコンに見られます。
1mm ~ 1.5mm
浅く感じるようになってくるため、打ちやすいとは言い難くなってきますが、浅めが合う人もいます。キーストロークを犠牲にして、薄さを重視したノートパソコンに見られます。
1mm 以下
タッチキーボードの感覚に近く、キーを押したというより触れた感触に近くなるため、打ちにくいです。キーストロークよりも薄さを優先したノートパソコンに見られます。

ノートパソコンでは、打ちやすさを重視するなら、キーストロークは 1.5mm ~ 2mm が選択の目安です。持ち運びしやすいよう薄さを重視したノートパソコンだと 1mm ~ 1.5mm が見られますが、打ちやすさよりも薄くて持ち運びしやすいノートパソコンが欲しいなら、選ぶのもありです。

とにかく薄さを優先したノートパソコンになると 1mm 以下が見られますが、押した感触があまり得られませんので、打ちにくいと認識して選ぶ必要があります。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑