メインメモリー – ノートパソコンの選び方

メインメモリーの選び方

メインメモリーは、利用頻度が高いデータを一時的に保存しておくために使用する PC パーツです。メインメモリーの容量が大きいほど、保存できるデータ量が増えるため、容量が大きいほどノートパソコンの処理速度が向上します。

容量が不足すると、利用頻度が高いデータをストレージにも保存する事になります。メインメモリーよりもストレージにあるデータの方が、読み出しや書き込みにかかる時間が長くなりますので、処理速度の低下が起きやすくなってしまいます。そのため、ノートパソコンの性能を重視して選ぶなら、大容量メインメモリー搭載である事が重要です。

メインメモリーは、主に CPU とデータをやり取りするため、データ転送速度の速さも重要ですが、新しいノートパソコンなら、どのモデルも搭載メインメモリーのデータ転送速度は、ほとんど同じのため、少しでも性能の高さを重視するのでなければ、特に気にする必要はありません。

メインメモリー容量の選び方

搭載容量

基本的に、性能が低くて価格が安いノートパソコンは容量が小さく、逆に性能が高くて価格が高いノートパソコンは容量が大きい傾向があります。また、サイズが小さいノートパソコンでは、内部スペースが狭い事もあり、容量は小さい傾向があります。

以下は、ノートパソコンに見られる主な容量です。

2GB
容量不足となるリスクが高いため、2GB しか搭載していないノートパソコンは避けた方が良いです。
4GB
ノートパソコンを使うなら、最低限欲しい容量です。日常利用やビジネス用途に使用するなら十分な容量です。
8GB
大容量を必要とする PC ゲームのプレイや動画編集、画像編集に使用するのに適した容量です。
16GB~
大きすぎるほどの容量です。一部の高負荷ゲームタイトルのプレイや、高度な動画編集や画像編集に使用するなら、16GB 以上欲しい場合がありますが、それでも無理して選ぶ必要はない容量です。

メインメモリーの低価格化と大容量化が進んだため、たいていのノートパソコンは容量 4GB はあります。4GB もあれば、日常利用やビジネス用途に使うなら十分な容量です。

ただし、余裕ある容量とは言えませんので、8GB を選ぶと安心です。8GB もあれば PC ゲームのプレイや動画編集、画像編集に使用する場合でも、容量不足になるリスクはかなり低くなります。

16GB 以上になってくると、大きすぎるくらいです。8GB では足りないと明確にわかっているのでなければ、選ぶ必要性は低いです。

最大容量

ノートパソコンには、搭載可能な容量に上限があります。仕様上には最大容量として記載されており、例えば最大容量 8GB であれば、それ以上の容量にできません。

ノートパソコン購入後に、メインメモリーの交換や増設をして容量を増やす予定があるなら、最大容量を確認して選ぶ必要があります。

メインメモリー規格の選び方

メインメモリー規格は、データ転送速度に関わり、ノートパソコンの性能の良し悪しに関わってくるため重要です。しかし、ノートパソコンを選ぶ際は、メインメモリーの規格を見ておく必要性は低いです。

なぜなら、搭載可能なメインメモリーの規格は、CPU やマザーボードによって決まり、同程度の新しい CPU やマザーボードであれば、搭載可能なメインメモリー規格は数種類であるため、新しいノートパソコンであれば、たいていのモデルで搭載しているメインメモリーの規格は同じだからです。

規格が数種類あるならバラけそうですが、数種類の中で、広く普及しており、性能(データ転送速度)と価格のバランスがとれた規格のメインメモリーが採用されるため、どのノートパソコンを見ても、搭載しているメインメモリーの規格は同じとなります。

ノートパソコンの中には、少しでも処理速度を速くしようと、データ転送速度がより速い規格のメインメモリーを搭載するモデルがありますが、性能差を体感するのは難しいほどですので、メインメモリー規格にこだわって選ぶ必要は、あまりありません。

メインメモリー規格の見方

メインメモリー規格を確認して選ぶなら、メインメモリーに関わる規格であるメモリー規格、モジュール規格、チップ規格について知っておく必要があります。

メモリー規格からは、どのように動作するメモリーなのかわかります。新しいメモリー規格かどうか確認する程度で十分です。ただし、新しいメモリー規格が出たばかりの時は、1つ前の古いメモリー規格と混在する状況になりますが、その際は無理して新しいメモリー規格を選ぶ必要性は低いです。

メモリー規格には、複数のモジュール規格、チップ規格があります。モジュール規格からはデータ転送速度がわかり、チップ規格からはメモリークロックの高さがわかります。

メモリークロックが高いほど処理速度が速く、処理速度が速いほどデータ転送速度が速くなるため、モジュール規格とチップ規格は密接に関係しています。そのため、モジュール規格がわかれば、チップ規格がわかります。逆も同様です。

2014年9月4日時点では、メモリー規格 DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAM のメインメモリーが普及しています。

以下は、メモリー規格 DDR3 SDRAM の主なモジュール規格、チップ規格一覧です。

モジュール規格チップ規格
PC3-6400DDR3-800
PC3-8500DDR3-1066
PC3-10600DDR3-1333
PC3-12800DDR3-1600
PC3-14400DDR3-1800
PC3-14900DDR3-1866
PC3-16000DDR3-2000
PC3-17000DDR3-2133
PC3-19200DDR3-2400
PC3-21300(DDR3-2666

以下は、メモリー規格 DDR4 SDRAM の主なモジュール規格、チップ規格一覧です。

モジュール規格チップ規格
PC4-17000DDR4-2133
PC4-19200DDR4-2400
PC4-21300DDR4-2666

モジュール規格の数字部分がデータ転送速度であり、単位は MB/s です。例えば、PC3-12800 であれば、データ転送速度は 12800MB/s(12.8GB/s)です。

チップ規格の数字部分がメモリークロックであり、単位は MHz です。例えば、DDR3-1600 であれば、メモリークロックは 1600MHz です。

2014年9月4日時点では、たいていの新しいノートパソコンには、メモリー規格が DDR3 SDRAM、モジュール規格が PC3-12800、チップ規格が DDR3-1600 であるメインメモリーが搭載されています。

マルチチャネルの選び方

マルチチャネルとは、複数のメインメモリーを利用して、データ転送速度を向上させる技術です。2枚のメインメモリーを利用する場合はデュアルチャネルと呼ばれ、理論上はデータ転送速度が2倍になります。同様に3枚の場合はトリプルチャネルと呼ばれ、データ転送速度が3倍、4枚の場合はクアッドチャネル、データ転送速度が4倍になります。

性能を重視するならマルチチャネルに対応しているノートパソコンを選ぶ方が良いですが、よほど性能を重視するのでなければ、マルチチャネルに対応している必要はありません。

理論上ほどデータ転送速度が向上しない事もありますし、ノートパソコンの性能を限界まで引き出すような特殊な使い方をしなければ、データ転送速度の向上によるメリットを享受する事はないからです。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/09/04

336 x 280

PAGE TOP ↑