サイズ – ノートパソコンの選び方

サイズの選び方

ノートパソコンは、サイズの違いによって使いやすさや持ち運びのしやすさが異なります。

基本的に室内で決まった場所で使用するなら、大きいサイズのノートパソコンを選ぶのがおすすめです。なぜなら、サイズが大きいと液晶ディスプレイとキーボードの面積が広くなるため、使いやすいからです。

外出先へ持ち運んで使用するなら、小さいサイズのノートパソコンを選ぶのがおすすめです。ただし、小さすぎると液晶ディスプレイとキーボードの面積が狭くなり、使いづらくなりますので、使いやすさと持ち運びしやすさのバランスに優れたサイズを選ぶと良いです。

画面サイズの選び方

ノートパソコンのサイズは、画面サイズを基準として選びます。画面サイズが同じであれば、幅と奥行きは大体同じです。ただし、高さ(厚さ)は、モデルによって異なりますので、持ち運びしやすさを重視するなら、画面サイズだけでなく、高さも見ておく必要があります。

画面サイズを大まかに分けると、以下のようになります。

  • 15インチ型以上
  • 12~14インチ型
  • 11インチ型以下

15インチ型以上は、ノートパソコンを据え置いて使うのに向いています。特に持ち運ぶ必要性が無ければ、15インチ型以上がおすすめです。

12~14インチ型は、使いやすさと持ち運びしやすさのバランスが取れていますので、外出先へ持ち運んで使用するなら、12~14インチ型がおすすめです。

11インチ型以下は、使いやすさを犠牲にして、持ち運びしやすさを重視していますので、携帯性に優れたノートパソコンが欲しい方におすすめです。

高さの選び方

薄いノートパソコンの方が持ち運びしやすいですが、薄さを実現するためには何かを犠牲にする必要があります。犠牲になるものは、大きく分けて性能、機能、キーボードとなります。

まず性能に関してですが、薄くなると本体内部スペースが狭くなって放熱性が悪くなるため、発熱量が大きい PC パーツを搭載できません。そのため、薄いノートパソコンは性能が犠牲になりやすいですが、CPU 等の性能が十分底上げされた今、高い性能を必要としなければ問題にはなりません。

本体内部ペースが狭くなるため、搭載可能な PC パーツが減るため、幾つかの機能が犠牲になりますが、最も犠牲になりやすいのが DVD や BD 等の光ディスクメディアが使える機能です。この機能が使えるためには光学ドライブが必要ですが、薄くするために光学ドライブを非搭載にしているモデルが見られます。

光学ドライブ非搭載だと不便そうですが、最近は USB メモリーやメモリーカード等の記憶媒体が普及し、ソフトウェアや動画、音楽コンテンツのインターネット経由による提供も普及したため、光ディスクメディアを使用する機会が減ってきていますし、光学ドライブ非搭載でも、ポータブル光学ドライブを別途で用意する手があるため、光学ドライブ非搭載でも大きな問題にはなりません。

最後にキーボードについてですが、キーボードのキーストロークは、ある程度の深さが無いと使いづらくなります。薄いノートパソコンだと、キーストロークが浅くなってしまい、使いづらくなってしまいます。

キーストロークは 2mm もあれば使いやすいですが、薄さを重視するために犠牲にするとしても、1.5mm 程度は欲しいです。1mm 以下になってくると、浅くて使いづらいと強く感じるようになってきます。

キーボードの使いやすさを犠牲にしてでも、薄いノートパソコンを選びたいなら、キーボードのキーストロークは浅くても仕方ないですが、キーボードの使いやすさも重視するなら、少なくとも 1.5 mm 程度のキーストロークがあるノートパソコンを選んだ方が良いです。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑