ストレージ – ノートパソコンの選び方

ストレージの選び方

ストレージは、データを保存しておくために使用する PC パーツです。ストレージの容量が大きいほど、たくさんのデータを保存できます。大量のデータを保存する方は、ストレージ容量の大きさが重要です。

ストレージの容量も重要ですが、ストレージのデータ読み書き速度は、ノートパソコンの処理速度に大きく関わってくるため、こちらも重要です。

また、ノートパソコンをモバイル用途で使うなら、衝撃の強さも考慮して選ぶ必要があります。

ストレージの種類の選び方

ノートパソコンのストレージには、HDD が搭載されてきましたが、今では SSD も増えてきています。HDD と SSD には、以下のようなメリット、デメリットがあります。

HDD のメリット
・容量あたりの価格が安いため、大容量でも安価
HDD のデメリット
・機械的な部品があるため、データの読み書き速度が遅い
・複雑な構造のため、衝撃に弱い
・機械的な部品の動作により、動作音が大きい
・消費電力が高い

SSD のメリット
・機械的な部品がないため、データの読み書き速度が速い
・シンプルな構造のため、衝撃に強い
・機械的な部品がないため、動作音が小さい
・消費電力が低い
SSD のデメリット
・容量あたりの価格が高いため、大容量だと高価

HDD はメリットが少なく、デメリットが多いですが、SSD と比較すると、このような結果となります。しかし、HDD でも実用上問題なく使えます。

そのため、無理して SSD を選ぶ必要はありませんが、SSD のデメリットである容量あたりの価格の高さが問題にならなければ、SSD を搭載するノートパソコンを選ぶのがおすすめです。大容量 SSD だと、ノートパソコンの価格がかなり高くなりますが、小容量 SSD であれば、そこまで価格は高くなりません。

ストレージを2台以上搭載可能なノートパソコンでは、大容量 HDD と小容量 SSD の両者を搭載するモデルが見られます。このようなモデルでは、読み書き頻度が高いデータは SSD を利用し、それ以外のデータは HDD を利用する使い方ができ、SSD のデータ読み書き速度の速さを活かしながら、容量の小ささを HDD でカバーする事ができます。

モバイル用途で使うなら、衝撃に強い SSD のみ搭載モデルがおすすめですが、それ以外の用途であれば HDD + SSD 搭載モデルもおすすめです。

ストレージ容量の選び方

必要なストレージ容量は人によって異なりますが、以下を目安にして選ぶのがおすすめです。

約100GB
使用用途次第では十分な容量ですが、少ない容量です。容量不足となる可能性が高いですので、できるだけ避けたいです。
約250GB
標準的な容量です。日常利用やビジネス用途に使うなら、最低限欲しい容量です。
約500GB
日常利用に使うなら、使い切るのは難しいほどの容量です。動画編集等、容量が大きいファイルを大量に扱う用途に使うなら、最低限欲しい容量です。

HDD は低価格化と大容量化が進んでいるため、HDD を搭載するノートパソコンであれば、どのモデルも大容量です。格安ノートパソコンでも 500GB 以上搭載しているのは、珍しくありません。

問題となるのは SSD を搭載するノートパソコンで、大容量にすると価格が高くなってしまいます。もし予算が厳しくなるようであれば、HDD 搭載ノートパソコンを選ぶか、外付け HDD や USB メモリー、メモリーカード等の外部記憶媒体を活用して容量不足をカバーする手があります。

接続方式の選び方

ストレージは、マザーボードに接続されており、この接続方式の違いによってデータ転送速度が異なります。ストレージ本来の読み書き速度が発揮できないほどデータ転送速度が遅いと、処理速度が向上しません。

今は、ストレージが HDD であれば気にする必要がないほど、どのノートパソコンもデータ転送速度が十分速い接続方式になっています。

ストレージが SSD の場合は、HDD よりも読み書き速度が速いため、接続方式次第では SSD 本来の読み書き速度が発揮できませんので、性能を重視するなら接続方式に注意して選ぶ必要があります。

各接続方式には、ANSI 規格名が付けられており、主に以下の ANSI 規格名があります。

Serial ATA 1.5 Gbps
今では古い規格となり、新しいノートパソコンでは見られません。
Serial ATA 3.0 Gbps
HDD にとって十分なデータ転送速度がある接続方式です。
Serial ATA 6.0 Gbps
SSD にとって十分なデータ転送速度がある接続方式です。

ストレージが HDD であれば、Serial ATA 3.0 Gbps で十分ですが、SSD であれば Serial ATA 6.0 Gbps が望ましいです。Serial ATA 3.0 Gbps でも SSD の読み書き速度の速さが十分発揮できますが、さらに発揮させるためには Serial ATA 6.0 Gbps が必要です。

ちなみに、ANSI 規格名は名称が長いせいか、以下の呼び方が仕様等で使われています。

Serial ATA 1.5 Gbps
Serial ATA、S-ATA
Serial ATA 3.0 Gbps
Serial ATA II、S-ATA2
Serial ATA 6.0 Gbps
Serial ATA III、S-ATA3

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑