無線 LAN – ノートパソコンの選び方

無線 LAN の選び方

無線 LAN は、無線でデータ通信を行うために使用する機能です。有線 LAN と違って LAN ケーブルを接続せずにインターネットの利用や、他機器とデータ通信を行う事ができるのが特長です。

基本的にノートパソコンには、無線 LAN が付いています。特にモバイル用途に適したノートパソコンには、必ず無線 LAN が付いています。

無線 LAN が付いていなくても、周辺機器の無線 LAN 子機を別途で用意すれば、無線 LAN を付けられます。そのため、無線 LAN が必要であっても、無線 LAN が付いていないノートパソコンを選んでも問題ありません。

無線 LAN 規格の選び方

無線 LAN が付いているノートパソコンを選ぶなら、対応している無線 LAN 規格を確認する必要があります。無線 LAN 規格によって通信速度や適した使用環境が異なりますので、無線 LAN の用途に適した無線 LAN 規格に対応しているノートパソコンを選ぶ必要があります。

ただし、無線 LAN 子機を別途で用意する手があるため、無理に対応している無線 LAN 規格にこだわる必要はありません。特に出たばかりの新しい無線 LAN 規格に対応しているかにこだわって選ぶと、かなり選択肢が狭まりますので、無線 LAN 子機を別途で用意する前提でノートパソコンを選ぶ方が良いです。

以下は、主な無線 LAN 規格です。

IEEE802.11b
今となっては古い規格のため、あまり使われませんが、無線 LAN の普及に貢献した初規格です。
IEEE802.11g
IEEE802.11b の上位規格であり、通信速度が向上しています。IEEE802.11b と互換性があります。
IEEE802.11a
周波数の干渉が起きにくいよう、5.2GHz 帯を使用して無線通信を行う規格です。IEEE802.11b/g では、2.4GHz 帯を使用して無線通信を行いますが、2.4GHz 帯を使用する他の無線機器や家電製品と周波数干渉を起こし、通信速度の低下や通信の不安定化につながる可能性が高いです。

IEEE802.11a では別の周波数帯 5.2GHz 帯を使用して無線通信を行うため、周波数の干渉が起きにくいです。ただし、周波数が高くなってしまうと、遠距離や障害物に弱くなるため、通信相手から遠くて壁や床をまたぐと、正常に通信できなくなる可能性が高いです。
IEEE802.11n
IEEE802.11g/a の上位規格であり、通信速度が向上しています。IEEE802.11b/g/a と互換性があります。

IEEE802.11n は、無線通信に 2.4GHz、5.2GHz どちらでも使用可能になっており、周波数の干渉の起きやすさ、遠距離や障害物の強さは、無線通信で使用する周波数帯によって決まります。

2.4GHz 帯を使用して無線通信を行う場合は、周波数の干渉が起きやすいですが、遠距離や障害物に強くなります。5.2GHz 帯を使用して無線通信を行う場合は、周波数の干渉が起きにくいですが、遠距離や障害物に弱くなります。

ただし、IEEE802.11n に対応していても、必ずしも 5.2GHz が使用でき、IEEE802.11a と互換性があるとは限りません。基本的に対応無線 LAN 規格が IEEE802.11b/g/n であれば、無線通信には 2.4GHz のみ使用可能で、互換性があるのは IEEE802.11b/g となります。対応無線 LAN 規格が IEEE802.11b/g/a/n であれば、無線通信には 2.4GHz、5.2GHz 使用可能で、互換性があるのは IEEE802.11b/g/a となります。
IEEE802.11ac
IEEE802.11n の後継となる規格です。IEEE 802.11a/n と互換性があります。ただし、IEEE 802.11ac は 5.2GHz 帯を使用して無線通信を行う規格のため、2.4GHz のみ使用可能な IEEE 802.11n とは互換性がありません。

IEEE 802.11ac は、IEEE 802.11n よりも通信速度が向上しており、5.2GHz 使用して無線通信を行いますが、遠距離や障害物に強くなっています。

ノートパソコンは、基本的に複数の無線 LAN 規格 に対応しており、たいてい以下のように分かれています。

  • IEEE802.11b/g/n
  • IEEE802.11b/g/a/n
  • IEEE802.11b/g/a/n/ac

日常利用やビジネス用途なら IEEE802.11b/g/n に対応していれば十分です。安定して大量データの通信を行うなら、周波数の干渉が起きにくい IEEE802.11a や IEEE802.11n(5.2GHz)を使用して無線通信を行うのが望ましいので、IEEE802.11b/g/a/n が選択の目安です。

さらに遠距離や障害物が多くなる環境でも、安定して大量データの通信を行えるよう IEEE802.11ac にも対応した IEEE802.11b/g/a/n/ac を選ぶのがおすすめですが、IEEE802.11ac は新しい無線 LAN 規格のため、IEEE802.11b/g/a/n/ac に対応したノートパソコンは多くはないです。そのため、IEEE802.11b/g/a/n/ac に対応した無線 LAN 子機を別途で用意する手も考えならが、ノートパソコンを選ぶと良いです。

336 x 280


公開日:
最終更新日:2014/06/11

336 x 280

PAGE TOP ↑