CPU – タブレット PC の選び方

CPU の選び方

パソコンの頭脳的存在な CPU は、随分と性能が底上げされましたが、タブレット PC に搭載される CPU は、発熱量と消費電力量を極力抑える必要があるため、性能は低いです。

その中で最も低い性能の CPU だと、あまり負荷がかからない日常利用やビジネス用途でも、快適に使用できるとは言い難い性能です。そのため、快適に使えるタブレット PC を選びたいなら、あまり負荷がかからない用途でも CPU を重視して選ぶ必要があります。

また、サイズが小さいタブレット PC ほど内部スペースが狭く、発熱量と消費電力量を抑える必要があるため、搭載可能な CPU 性能の限度が低いです。そのため、CPU 性能の高さを重視するなら、サイズが大きいタブレット PC を選ぶ必要があります。

CPU メーカーの選び方

代表的な CPU のメーカーには、インテル社と AMD 社があります。これら2社が大きなシェアを獲得していますので、どちらかのメーカーの CPU を選ぶ事になりますが、インテル社の方が圧倒的なシェアを獲得しているため、実質インテル社一択です。

シェアは少ないですが AMD 社の CPU を選んでも問題はありません。気に入ったタブレット PC に AMD 社の CPU が搭載されていても、メーカーを理由にして避ける必要は無いです。

たいていのタブレット PC には、インテル社の CPU が搭載されているため、以降はインテル社の CPU に限定して記載します。

CPU ブランドの選び方

CPU は、まずブランドに注目して選ぶ必要があります。ブランドから CPU の特徴がわかりますので、特に性能を重視する方は CPU ブランドの確認は必須です。

以下は、インテル社の CPU ブランドです。

Core i7 Extreme
最高性能 CPU。予算関係なく、とにかく性能を重視する方に向いています。
Core i7
高性能 CPU。性能を重視するなら、選択の目安となります。
Core i5
中性能 CPU。性能と価格のバランスを取りたい方に向いています。
Core i3
低性能 CPU。ある程度の性能の高さがあれば良しとし、価格の安さを重視する方に向いています。
Pentium
低性能 CPU。性能が低くても良いので、価格の安さを重視する方に向いています。
Celeron
低性能 CPU。最低限の性能があれば良く、とにかく価格の安さを重視する方に向いています。
Atom
低性能 CPU。発熱量と消費電力量を極力抑えるために作られた CPU です。

Core i7 Extreme は発熱量と消費電力量が非常に大きいため、タブレット PC には搭載されません。

性能の高さを重視するなら Core i7、Core i5、Core i3 が選択の目安となります。Core i7 が搭載されているタブレット PC は少なく、Core i7 にこだわると選択肢が狭まるため、CPU 以外の仕様も見て気に入れば Core i5 や Core i3 が搭載されているタブレット PC でも構わないくらいの気持ちで選ぶのがおすすめです。

これは、選択肢が狭まるという理由以外に、タブレット PC に搭載される CPU はブランドが異なっても、性能に大きな差は出ないという理由もあります。なぜなら、Atom 以外のブランドの CPU でも、ブランドの中で性能を犠牲とする代わりに発熱量と消費電力量が抑えられた CPU 製品が搭載され、これらの CPU 製品をブランド別に比較した場合、性能に大きな差は出ないからです。

性能の高さを重視しないのであれば、Pentium や Celeron、Atom が選択の目安です。タブレット PC では、Atom が広く普及しており、Pentium や Celeron は少ないですが、Atom より少し性能が高い程度です。

CPU 製品の選び方

プロセッサー・ナンバーの見方

CPU にはブランド名の他、プロセッサー・ナンバーが付けられています。プロセッサー・ナンバーは CPU 製品ごとに異なっており、プロセッサー・ナンバーを見る事で、どの CPU 製品なのか識別できます。

同じブランドの CPU でも、プロセッサー・ナンバーが異なれば性能や特徴が異なりますので、ブランド名だけでなくプロセッサー・ナンバーの確認も重要です。

タブレット PC には、ノートパソコン向けの CPU が搭載されるため、以下ではノートパソコン向けの CPU に付けられるプロセッサー・ナンバーの見方について記載しています。

Core i7 Extreme、i7、i5、i3 のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「i7,i5,i3」+「-」+「4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「i7,i5,i3」はブランドを示し、「-」は単なる区切り文字です。

「4桁の数字」は、1桁目が世代を示し、新しいほど世代ナンバーが大きいです。ただし、1世代の時は、2世代以降を想定していなかったせいか、世代ナンバーは無くて「3桁の数字」となっています。

世代ナンバーの後ろの3桁は SKU ナンバーで、どの製品かを示します。基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

M
ノートパソコン向けの CPU。
X
究極の性能を持ち、Core i7 Extreme に付く。
Q
クアッドコアを搭載している CPU。
H
ハイパフォーマンス・グラフィックスを内蔵している CPU。
L
低消費電力 CPU。
U
超低消費電力 CPU。
Y
極低消費電力 CPU。

タブレット PC では発熱量と消費電力量を抑える必要があるため、U か Y が付いている CPU 製品が搭載されます。U の方が消費電力量が大きい分、性能が高いですが大きな差は出ません。それでも、少しでも性能の高い方を選びたい場合は、U が付いている CPU 製品が選択の目安です。

Pentium、Celeron のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

N
ノートパソコン向けの CPU。Atom のマイクロアーキテクチャを採用している。
B
ノートパソコン向けの CPU。マイクロアーキテクチャ Sandy Bridge を採用している。

タブレット PC では、N が付いている CPU 製品が搭載されるモデルが見られます。N が付いた Pentium や Celeron は Atom の性能強化版であり、発熱量と消費電力量を極力抑えられている特徴があるため、タブレット PC に適しています。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

M
ノートパソコン向けの CPU。
U
超低消費電力 CPU。
Y
極低消費電力 CPU。

プリフィックスに N が付いてなければ、サフィックスに U か Y が付いている CPU 製品が搭載されます。

プリフィックスに N が付いてる CPU 製品よりは性能が高いですが、元々 Pentium や Celeron は性能が低いため、性能差を気にして選ぶ必要性は低いです。

Atom のプロセッサー・ナンバーの見方

プロセッサー・ナンバーは、「アルファベット(プリフィックス)」+「3桁の数字 or 4桁の数字」+「アルファベット(サフィックス)」で表されます。

「アルファベット(プリフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

N
ネットブック向けの CPU。
Z
モバイル・インターネット端末(MID)向けの CPU。

N が付いた CPU 製品は、過去にヒットしたネットブックと呼ばれるノートパソコンに搭載されていましたが、新しい CPU 製品では使われなくなったため、今では見られません。

タブレット PC では、Z が付いている CPU 製品が搭載されます。タブレット PC に限らず、モバイル性の高い小型パソコンによく搭載されており、サイズが小さいタブレット PC であれば、たいていのモデルに Z が付いている CPU 製品が搭載されています。

「3桁の数字 or 4桁の数字」は、基本的に数字が高いほど性能が高いですが、必ずしも数字が大きい順に性能が優れているとは限りません。また、CPU が刷新されると数字の桁数が変わる事があり、基本的に同じシリーズに属する CPU 製品であれば桁数は同じです。

「アルファベット(サフィックス)」は、CPU の特徴を表し、ノートパソコン向け CPU では、以下のアルファベットが使われます。

D
Z3700 シリーズで使われます。「アルファベット(プリフィックス)」+「4桁の数字」が同じ CPU 製品で比較した場合、D が付いている CPU 製品は、D が付いていない CPU 製品の下位に位置する事を示します。

D が付いている CPU 製品は、メインメモリーに関わる性能が劣っていますので、少しでも性能が高い方が良いなら、D が付いている CPU 製品を搭載するタブレット PC は避ける必要があります。

336 x 280


公開日:

336 x 280

PAGE TOP ↑