メインメモリー – タブレット PC の選び方

メインメモリーの選び方

パソコンのデータはストレージに保存されますが、CPU が処理で即使うような利用頻度が高いデータはメインメモリーに保存されます。メインメモリーの容量が大きいほど利用頻度が高いデータを多く保存できます。

容量が不足すると利用頻度が高いデータがストレージにも保存されるようになり、ストレージはメインメモリーよりも読み出しや書き込みにかかる時間が長いため、処理速度の低下が起きやすくなります。

そのため、快適に使用するためにはメインメモリー容量の大きさに注意して選ぶ必要があります。

メインメモリーのデータ転送速度も処理速度に影響してきますが、新しいタブレット PC であれば、性能差を体感するほどメインメモリーのデータ転送速度に差はありませんので、特に気にして選ぶ必要はありません。

メインメモリー容量の選び方

搭載容量

タブレット PC は、内部スペースが狭い事もあり、デスクトップパソコンやノートパソコンと比べると、搭載されるメインメモリー容量は小さいです。

以下は、タブレット PC に見られる主な搭載容量です。

2GB
容量不足となるリスクが高いため、おすすめはできませんが、使用容量が大きくならないように注意して使えば、十分快適に使っていける容量です。
4GB
選択の目安となる容量です。余裕ある容量とは言えませんが、日常利用やビジネス用途に使用するなら十分な容量です。
8GB
余裕ある容量で、日常利用やビジネス用途に使用するなら、容量不足になる可能性は非常に低いです。大容量を必要とする PC ゲームのプレイや動画編集、画像編集に使用するのに適するほど大容量ですが、タブレット PC は CPU 性能やグラフィックス性能が低いため、これらの用途には適していません。

たいていのタブレット PC には、選択の目安となる容量 4GB 搭載されています。容量 2GB はギリギリのため、なるべく容量 4GB 以上を選ぶ方が良いです。

容量 8GB 搭載されているタブレット PC もありますが、タブレット PC に向いた用途を考慮すると、不必要と言えるくらい容量が大きいので、明確に容量 8GB を必要とするのでなければ、容量 8GB も無くて問題ありません。

336 x 280


公開日:

336 x 280

PAGE TOP ↑