ストレージ – タブレット PC の選び方

ストレージの選び方

ストレージは、様々なデータを保存しておくために必要な PC パーツです。ストレージ容量が大きいほど、多くのデータを保存できます。

多くデータを保存したいのであれば、ストレージ容量の大きさを重視して選ぶ必要がありますが、タブレット PC は内部スペースが狭いため、デスクトップパソコンやノートパソコンのように大容量ストレージを搭載するのは困難です。

そのため、大量のデータを扱うなら、タブレット PC だけでなく外付け HDD やメモリーカード、オンラインストレージ等も活用していく必要があります。

タブレット PC はモバイル性の高いパソコンですので、大事なデータを失うリスクを減らすために衝撃が強いストレージが望ましいですが、タブレット PC では衝撃に強い SSD や eMMC が搭載されているのが標準的です。

あまり見られませんが、HDD が搭載されたタブレット PC は、頻繁に持ち運びするなら選ばない方が良いです。

ストレージの種類の選び方

タブレット PC では、SSD か eMMC を選ぶのが基本です。HDD はあまり見られませんが、選ぶなら衝撃による故障のリスクが高くなる事に注意が必要です。HDD もちょっとやそっとの衝撃で壊れたりしませんが、SSD や eMMC の方が安心して使えます。

たいていのタブレット PC には SSD が搭載されていますが、SSD が最もおすすめです。eMMC が搭載されているタブレット PC を選択肢に入れる場合は、以下の SSD と eMMC のメリット、デメリットを見ておく必要があります。

SSD のメリット
データ転送速度が速い
SSD のデメリット
サイズが大きい
消費電力が高い

eMMC のメリット
サイズが小さい
消費電力が低い
eMMC のデメリット
データ転送速度が遅い

eMMC はサイズが小さく消費電力が低いため、内部スペースが狭くバッテリー容量が小さい小型のタブレット PC 向けです。小型のタブレット PC を選ぶなら、eMMC でもやむをえない場合がありますが、SSD よりもデータ転送速度が遅く、データの読み書きにかかる時間が長くなるため、性能を重視するなら SSD にこだわって選ぶのがおすすめです。

eMMC はデータの読み書きにかかる時間が長くなると言っても、SSD と比べた場合であり、HDD と比べると eMMC の方が短いです。そのため、eMMC であっても懸念するほどではありません。

ストレージ容量の選び方

タブレット PC に搭載されるストレージ容量は、大まかに以下のように分けられます。

64GB
必要最低限と言える容量です。容量不足となる可能性が非常に高いですので、避けた方が良いです。
128GB
用途次第では十分な容量ですが、少ない容量です。容量不足となる可能性が高いですので、できるだけ避けたいです。
256GB
標準的な容量です。日常利用やビジネス用途に使うなら、最低限欲しい容量です。
512GB
日常利用やビジネス用途に使うなら、使い切るのは難しいほどの容量です。動画や画像、音楽ファイル等、容量が大きいファイルを大量に保存できます。

容量 64GB や 128GB は用途次第では十分な容量ですが、様々なソフトウェアをインストールしたり、データを保存したりすると足りなくなる可能性が高いため、ストレージ容量を妥協してでも選びたいタブレット PC でなければ、避けた方が良いです。

容量 256GB になると大分余裕が出てくるため、容量 256GB を目安にして選ぶのがおすすめです。容量 512GB 搭載されているタブレット PC もありますが、その数は少なく選択肢が限られてきます。明確に容量 512GB 必要でなければ、選ぶ必要性は低いです。

336 x 280


公開日:

336 x 280

PAGE TOP ↑